旅行大好き「にゃも」のプロフィールはこちら

小樽倉庫No.1のビール工場の見学方法と見学ツアーの内容

北海道旅行

小樽倉庫No.1という名前のお店があります。

こちらは、小樽運河沿いにあるビアホールで、お店の中にビール工場があって、無料で見学をすることもできます。

小樽ビールの製造方法を知ってから飲む小樽ビールは、また格別ですよ!

ここでは、小樽倉庫No.1のビール工場の見学をするにはどうすればいいのかと、見学ツアーの様子を紹介します。

小樽倉庫No.1のビール工場の見学方法

当日、その場に行って見学させてほしい旨を伝えればOKです。

所要時間は20分で、ビールの試飲はありません。

見学は毎日受け付けいていて、11:10から30分ごとに17:10までの案内となっています。

けっこうな頻度で開催してくれるので、ふらっと立ちよれば問題なく見学できますよ。

上の写真は、入り口から入ったところ。

見学者は手前の椅子に座って待っていましょう。それか、入口ちかくにビールの製造工程に関する展示もあるので見ていてもいいでしょう。

ただし、あとから案内してくれるので、楽しみをとっておくのも一つです(笑)

見学ツアー開始 ブルーハウス

ツアーが始まると、ホップとは?酵母とは?といった説明を、展示物を見せつつ説明してくれます。

そしてひととおりの説明がおわったら、工場内部の見学スタートです。

この大きな特徴的な金属の容器は、ブルーハウスといいます。

それぞれ別の役割をになっていて、

  1. 麦芽をひいて加熱し、糖を分解する(マイシュという状態にする)
  2. マイシュを、さらに加熱。甘い麦汁と絞りカスに分ける
  3. 麦汁から固形物を取り除いて、きれいな麦汁を発酵室へ移動

という過程を経るみたいです。詳しい解説はぜひ当日、案内の方から聞いてください(*^^*)

メカメカしい感じが、たまりませんね!

男の子が好きそうなやつです(笑)

麦汁の発酵室へ

きれいな麦汁を、ステンレスタンクにうつして発酵させます。このとき酵母を加えます。

5℃くらいの温度で管理するので、発酵室は寒いです(笑)

発酵したビールをちょびっと飲むことができます。

といっても、塾生されてないので、普通のビールとは違っておいしくないですよ(笑)

でも、こうした経験って大事だと思うわけです。

発酵室を出ると、工場内めぐり。

2階から見るのもまたかっこいいですね~。

工場見学がおわったら、店内でビールと料理をいただきましょう!

詳しくは以下の記事で紹介しています。

小樽倉庫No.1のおすすめメニューを紹介!ビールもソーセージもおいしい
小樽倉庫No.1は、現役で稼働中のビール工場です。 その工場内部を見学させてもらえる見学ツアーを無料で開催しています。 そんな小樽倉庫No.1では、工場見学はもちろんですがレストランも併設されているので、普通にごはんをいただくこ...

小樽倉庫No.1のアクセス

小樽倉庫No.1のアクセスは、小樽駅から小樽運河を目指していけば徒歩10分くらいで着けます。

住所などはこちら⇩

 営業情報 内容
 所在地 小樽市港町5-4 小樽運河倉庫群
 TEL 0134-21-2323
営業時間 11時~23時 無休

なお、札幌から小樽駅までのおすすめの行き方はこちらをご覧ください。

札幌から小樽までのおすすめの行き方を解説!
札幌市内からの小樽観光は、北海道旅行の鉄板ルートといえます。 小樽運河はクルーズ船も出ていますし、歴史を感じながら街を歩ける…そんな小樽は僕も大好きです(*^^*) そこでここでは、札幌から小樽までのおすすめの行き方について紹介...
Sponsored Link

コメント