旅行大好き「にゃも」のプロフィールはこちら

クルミの実を壊さずに殻から上手にはがす剥き方

お土産

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳に泊まりにいったときのこと。

歩いていけるところに、「道の駅小淵沢」があったので、寄ってみました。

すると、そこに珍しい有機栽培野菜や殻付きクルミが売っていたんです!

そこで殻付きクルミを食べてみたかったので、買ってみました。

リゾナーレ八ヶ岳の宿泊記はこちら⇩

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳に1部屋しかないジャグジー付きの部屋に宿泊した!
星野リゾートのリゾナーレ八ヶ岳に、クリスマスシーズンに宿泊しました! 特別な日ということで奮発して、リゾナーレ八ヶ岳に1部屋しかない、ジャグジー付きの部屋に宿泊したんですヽ(=´▽`=)ノ ここでは、リゾナーレ八ヶ岳のジャグジー...

しかし殻付きクルミは、きれいに剥くのがめちゃくちゃ難しいんですよね・・・買うまで知らなかった。。

ネットとかyoutubeとかで色々調べたけど、結局うまくいかないやり方ばっかりで、解決しませんでした。

「なんとかキレイに剥けないものか・・・」

と、何度も何度も試行錯誤した苦労の末、きれいにポロっと剥ける確率が50%くらいにはなる方法(笑)を発見したので、伝授したいと思います!!

Sponsored Link

殻付きクルミをそのまま割るときれいに剥けない

たくさんの殻付きクルミ。

これが道の駅小淵沢に売っていました。

思わず買いたくなりますよね(笑)

こんな感じ。

割れ目にそってヒビを入れてくれているので、強引に引っ張れば一応割れます。

でも、爪楊枝でほじくらないと食べられません。

こう。

これじゃあ食べにくいんだよ!!

チマチマ食べるのはイヤなんだよ!!!ヽ(`Д´)ノウワァァァァァン

ぐいっと引っ張ると、こう。

(# ゚Д゚)y-~イライラ

クルミの殻をきれいに剥がす方法

( ̄ー ̄)ドヤっww

テクニックを使うと、こんな感じできれいに剥けます。

もったいぶらずにお伝えすると、

「びみょーーーーーに少しずつひねったり、細かく動かしていって、ちょっとずつ内部でくっついている薄皮を剥がしていく」

です。

Sponsored Link

強引に引っ張ればすぐにクルミは割れます。柔らかいですしね。

なので、カギ師がカギをカチャカチャやるように、ルパン三世が金庫の扉を開けるときのように、丁寧に丁寧に、鬼皮を持ってクリクリ動かしていきます。

最初は薄皮がぴったりくっついているので、ほとんど動きません。

でも根気強くやっていると、ちょっとずつ薄皮が剥がれていって、動けるスペースが大きくなります。

こうしてちょっとずつ「あそび」ができていって、次第に大きく動くようになっていきます。

そうしたら、あとはこの複雑な形のクルミの鬼皮からスポっと抜き出すように、クルミの形状をイメージしながら引っこ抜いていきます。

くるっとカーブしているクルミの形を意識するのがポイント。

僕は1パックのクルミを食べ終わるまでに、キレイに取れる確率50%くらいしかいけませんでした。

訓練すれば、もっと成功率を上げることができるでしょう(´∀`)

たしかに面倒で大変ですが、きれいに剥いたクルミを食べるとめちゃくちゃ達成感があって、最高においしく感じますよ!!

ぜひあなたもチャレンジしてみましょう(*^^*)

Sponsored Link

コメント