旅行大好き「にゃも」のプロフィールはこちら

小樽でウイスキー余市が飲めるニッカバー リタがニッカ愛に溢れてる

北海道旅行

小樽で夜に雰囲気のあるバーでウイスキーの余市を楽しみたい…

そんな人におすすめのウイスキーバーがありますので紹介します。

小樽でウイスキー余市が飲めるニッカバー リタ

小樽運河からほど近いところに、こじんまりとしたお店が集まっているエリアがあります。

こんな感じでお店がひしめき合ってます。

電灯・提灯の明かりもおしゃれで、インスタ映えな写真も撮れること間違いなし!

ニッカバー リタ

ニッカバー リタの入り口にはニッカウヰスキーおじさんが。

そもそも、このお店の名前がリタとついていることからも、ニッカウヰスキーへの敬愛が溢れていますよね。

リタは、ニッカウヰスキー創業者 白鶴正孝の妻です。ドラマ「マッサン」で一躍有名になりましたね(*^^*)

その名前を店名にしてしまうなんて…さぞかしこだわりのあるマスターなんだろうな~と思いました!

実際、すごくウイスキーに詳しくて色々お話聞けました。

ニッカバー リタは、「ひとりでも多くの人にニッカのウイスキーを味わってもらいたい」がコンセプトのウイスキーバーです。

豊富な種類のウイスキーが揃っているのが特徴で、しかも席料のチャージもありません。

気軽に立ち寄れる雰囲気のいいウイスキーバーですよ(^^♪

ニッカバー リタでの余市との出会い

実は僕は、このときまウイスキーのことはあまり知りませんでした。

余市っていうのも、聞いたことがあるくらいで。ほんと素人。

でも、この日を堺にウイスキー好きになりました(笑)

そのくらい、インパクトのある好みのウイスキーと出会えた日です。

ニッカバー リタのマスターに感謝。

ちなみに注文したのは、「正直、ウイスキーのことはよくわからないです。なので、ウイスキーを飲んで勉強をしたいと思ってお邪魔しました」

と伝えました。

甘いのと辛口とでどちらが好みを聞かれたので、甘い感じのほうが好きですと答えました。

すると出てきたのがこちら。

「シングルモルト余市 ウッディ&バニラ」 です。

飲み方は、ストレートがおすすめだと。

割ると香りが薄くなるので、ウイスキーのことを知りたいならストレートがいいそうです。

そしてにおいをかいでみると…香りがとにかくいい。あまーいバニラ香がします。

アルコール度数も高いので、独特のキツめのアルコール感もありますが、それ以上に甘い樽香がここちよいです。

僕はワインの樽香が大好きなので、「ウイスキーってこんなにも樽香が楽しめるんだ!!」と思って興奮したのを覚えています。

まずはストレートで。その後、スポイトで加水していくのがおすすめだそうです。

すると、1滴2滴加えただけでも味も香りも変化したんです!

とても繊細なウイスキーを楽しむことができました。

これを知っちゃうと、ハイボールとか、トワイスアップとか、むやみやたらに水で割ったりするのがもったいなく感じます。

もちろん、めっちゃこだわって作られた高級ウイスキーに限る…ですが(笑)

あとは、ロックだと温度が低くなりすぎて香りが立ちにくいそうです。

この日はウイスキーに目覚めましたね~。というか、余市に目覚めました(`・ω・´)

実は翌年、また北海道に旅行に行って、余市のウイスキー工場を見学に行っちゃいました(笑)

余市ウイスキー醸造所の工場見学の内容
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

ニッカバーリタのおつまみメニュー

「えらべる燻製セット」という名前のメニューで、以下の種類の食材を燻製にしたものが楽しめます。

  1. にしん
  2. くるみ
  3. ほたて
  4. たこ
  5. とうふ
  6. 枝豆

どれも気になる!という気持ちもありますが、その日は食後だったので軽めに。

2種類 500円、3種類 600円です。

このとき注文したのが、にしんとくるみの燻製です。

この燻製香が、ウイスキーの樽香と見事にマッチ。

なんとも大人で贅沢な気分でいただくことができました(^^♪

ニッカバー リタ のアクセス

ニッカバー リタ のアクセスはJR函館本線 小樽駅から徒歩13分。

小樽運河を目指して歩いていけばたどり着けます。

〒047-0031
北海道小樽市色内1-1
0134-33-5001

札幌から小樽駅までのおすすめの行き方はこちらをご覧ください。

札幌から小樽までのおすすめの行き方を解説!
札幌市内からの小樽観光は、北海道旅行の鉄板ルートといえます。 小樽運河はクルーズ船も出ていますし、歴史を感じながら街を歩ける…そんな小樽は僕も大好きです(*^^*) そこでここでは、札幌から小樽までのおすすめの行き方について紹介...

 

Sponsored Link

コメント